4麻 守備か打点に寄せる

4人麻雀 手組

運が良い時は、4巡目に良計高打点のリーチを打つ!みたいなことができるので守備力は気にしなくていいですが
自分の手が普通、もしくはそれより悪い時は、「自分が先手を取る」ことだけ考えていると痛い目にあいます。

「自分の手は先手が取れなさそうだから、相手からリーチが来た時、困らないようにしよう」という方向性で手組をすることが大事なのです。

例えばこの手で、守備力を考えずにただただ手を進めていって

こんな手牌で相手からリーチを受けるのと

ちょっと守備を考慮して字牌を残すことで、こうなるのとではどちらがいいでしょうか?
後者の方が、相手からリーチが来ても安全牌が多めでベタオリしやすいですし、
もしリーチが来る前に役役ホンイツなどになれば、攻撃面でも普通に進めるより優秀な手になります

手詰まりを予防する重要性

ここでちょっと局収支の話をします
局収支とは、その状況で、その手牌の時に期待できる点棒収支のことです

詳しい話は押し引きの章でやりますが、今ここでいいたいことは
「オリ有利なのに、安全牌がなくてオリれない」状態はめちゃめちゃ損である
ということです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020y10m05d_184454364.jpg

例えば先ほどの手牌。リーチに対しては間違いなくオリ有利です。
ベタオリの局収支が―1500点だとすると
ここから危険牌を切っていくのは、-2000点~-2500点 になると思います

なんだたったの1000点くらいの損じゃん と思うかもしれませんが
局収支500点、1000点の差は結構大きいです。
毎回局収支1000点も損な選択をするプレーヤーがいたら相当下手な部類になります

ちなみにまあまあ押し有利なテンパイでゼンツする場合は-1000点くらいです
1000点良計テンパイをしていても、局収支は1000点にはなりません。

押せば局収支-1000点の状況でベタオリするのも損ですが、
守備的に打てば-1500点で済んでいたところを、安全牌を意識してなかったから-2000点の状況に陥っているというのも、同様に損なのです。

さて、では相手からのリーチが飛んできた場合、自分の手牌はどのような状態になっていることが望ましいでしょうか?

①勝負手
②まあまあ押せるテンパイ
③テンパイしたら押せるけど、ノーテンならベタオリ安全牌には困らない

④ベタオリ。安全牌は2枚
⑤ベタオリしたいけど、安全牌が0枚


①が理想です ③の手牌でテンパイしたら①に格上げですね
②もいいでしょう。

④もしぶしぶですが、OKです
そして⑤だけはヤバいです。さきほど言っていた、-2000点~-2500点になってしまう状況ですね

⑤だけは避けなければなりません
じゃあどうするのかっていうと
4~6巡目くらいで、「あんまりテンパイできなさそうだなー&安全牌を持てていないなー」と思ったら
あまり必要でない牌と、安全な字牌(1枚以上切れている) を入れ替えてください

6巡目の時点で
2シャンテンでは最低1枚。できれば2枚
1シャンテンになったら安全牌を持ってても持たなくてもいいです。まあ1枚持っておくと安定するのでお勧めですけど

スピードは切り捨てる

安全牌をもつために自分の手牌の一部を切り捨てる場合、どこを切ればいいのか迷うこともありますよね?
その時自分は「守備力」と「打点」として価値のある牌は残し、「スピード」面でだけ価値がある牌を切り捨てることが多いです。

f:id:lazyandshortest:20200912213835j:plain

例えば、この手では自分の手がかなり後手を踏みそうなので、後々危険になりそうな8sを先に切り字牌などの安全牌を残します
8sを切ると、8s、1sツモでシャンテンが進まなくなるのでスピードはダウンしますが
その代わり守備力の高い字牌や、チャンタ系で高い手を作るために必要な3mや1pを残すことで、守備力と打点の価値を残すことができます

まあ8sがアンコになってもせいぜいリーチドラ1愚形とかでしょうし、そうなるためのスピードはいらないよね?という感じです

字牌を使った手役を狙う

また、配牌の段階でホンイツやトイトイ、チートイを目指すことで守備力と打点だけを見ることもあります。これらの役は字牌を抱えたままアガれるからです

今まで麻雀戦術は「安全牌を残さず、ブクブクに構え、相手からリーチが来たら頑張って降りる」というのがメジャーでした。
相手のリーチが来る前に自分がテンパイしておけばいい! 無理だったら頑張って降りる! という考えなわけですね

しかし、ここ最近は「後手を踏みそうな、微妙な手だったら安全牌持ってたほうがいいよね」という考えが主流になっています
自分の先手テンパイ率が少しだけ減った代わりに、
⑤の危機的状況に出くわすことが激減し、③や④の手牌になって失点を減らすことで、トータルの点棒収支をプラスにしていこう
というわけです

2020年7月に発売された戦術本「suphxの衝撃」では、安定段位8.5の超上級者であるAI のsuphxの打ち方を徹底解説していますが
そこで語られたsuphxの打ち筋は、まさにこんな感じです。suphxの手牌は③と④になっていることが多いのです

実戦例

さて、では守備力と打点だけを見た一打というのはどんな感じなのかを
実戦例を出しながら見ていきましょう

f:id:lazyandshortest:20200912221658j:plain

1pを切ると2p引きなどでスピードロスになりそうですが、どうせ1p持っていても先手は取れなさそうです。それなら守備力の北、打点力の6sなどだけ残して、シャンテン戻ししよう という感じです

f:id:lazyandshortest:20200915203844j:plain

ドラは5s 2人に仕掛けられているものの、まだ両者ともテンパイはしてなさそう。
3pと9m引きでシャンテンが進まなくなるロスを覚悟の上で3pを切ります。

両者に後々危険になりそうな3pを切りつつ、全く安全牌がない対面からのリーチに備え安全牌になる北を持ち、赤5sを持つことで打点も見る感じ

f:id:lazyandshortest:20200916115014j:plain

4p、7pツモ愚形ドラ1リーチへのスピードは無くなりますが
5m周り引いての良形中打点変化は残ります

f:id:lazyandshortest:20200916115137j:plain

そしてその5m周り変化より、中盤以降なら安全牌候補の北の方が価値が高いので残す。

f:id:lazyandshortest:20200916115219j:plain

相手からリーチが来た際、4pや5mが残っていると、愚形テンパイでは押し返しずらいですが
安全牌を切っての追っかけなら十分勝負できます

f:id:lazyandshortest:20200914210832j:plain

ほぼほぼチートイで手を作ると思っていたところで、上家が発を鳴きました
が、しかし相手の打点は不明ですし、まだテンパイしているかどうかも怪しいです。そこで・・・

f:id:lazyandshortest:20200914212041j:plain

まだ上家がテンパイしてなさそうな間に、上家に危険な6mや

f:id:lazyandshortest:20200914212019j:plain

4pを先に切って、安全そうな南やマシな2mを抱えます。

メンツ手というスピードは完全に諦め、打点と守備力に寄せた先切りです。
こうすることで・・・

f:id:lazyandshortest:20200914212227j:plain

上家が2フーロしてさすがにヤバそうになっても、安全牌の南をとりあえず切って

f:id:lazyandshortest:20200914212304j:plain

危険牌を1回押すだけでテンパイ勝負する機会を増やすことができます
もちろん全然テンパイしないこともありますが、それならそれでいいんです。
チートイなのでいざとなれば安全牌に困らずベタオリすることもできるでしょう。

上手くいけば満貫以上のアガリ。上手くいかなくても手詰まりはしない。
打点と守備力を兼ねた手堅い攻撃は、天鳳やじゃんたまで大活躍します

コメント

タイトルとURLをコピーしました