三人麻雀の読み

3人麻雀 上級編

4麻と違って、3麻はチーがないため、あまり鳴き読みはできません。
しかし逆にそれ以外の読みは読みやすくなっているので、簡単な読みは使えるようになっておくと、3麻で勝ちやすくなります

というわけで、今回は3麻で使える簡単な読みについて解説します

ラグ読み

3麻はラグがかかったとき、チーラグがありません。
ほとんどの場合ポンラグなので、ラグがかかった牌は「誰かが持っていて、もう自分は引いてこれない可能性が高い」牌だということが分かります
3pにラグがかかっただけで、3pは山にいないとお手軽に読めてしまうわけです

もちろん天鳳やじゃんたまには偽ラグもありますが、偽ラグは一定の長さなので
短すぎるラグ、長すぎるラグに関してはきっちりラグがかかったと確認しておきましょう

ちなみにDORA麻雀には偽ラグがないので、(鳴きなしを押しててもラグる)
ラグった牌は間違いなく誰かが持っています

序盤の切り出しと山読み

基本的に3麻の手順は
「まっすぐ手を進めてリーチ」
「染め」
 「トイツ手」
「国士」

のどれかになりますが、染めをやっている人がいると、山読みがやりやすくなります
ピンズ染めの人は、「手の中にピンズがたくさん」「ピンズは見た目ほど山に残っていない」ということがわかります

それがわかることで
序盤にソーズ連打している人がいる
→自分は0枚見えカン3p  を5巡目にテンパイ
→ 染め色は見た目ほど山に残っていないから、この3p待ちも弱そうだと判断
→普通ならリーチだが、ピンズ両面か場に安いソーズ待ちを求めてテンパイ外し

という手順で「アガれる待ち」にすることが、3麻だとしやすくなります


また、相手が普通の手の進行でも
序盤に2sなどを切っている場合は、その周辺の牌(1sや3s)を持っていない可能性が高くなります

なので、5巡目にリーチのみカン3s待ちのような、一見リーチしずらいテンパイをしたとしても
片方はピンズ染め、もう一人は2sを3巡目に切っている
みたいな状態であればカン3sは山に残っている「良い待ち」だと判断してリーチすることができます

残るはトイツ手と国士模様です
これらは字牌や端牌が切られず、真ん中の牌が序盤から切り出されている捨て牌になりますが、
そういう人の場合、序盤から2sを切っていたとしてもチートイ固定で3sトイツを持っていたということすら、十分にあり得るので普通手であれば用いられた山読みは使えません。

ただ、字牌や端牌は持たれている可能性が上がるので、
「チートイや国士模様の人がいるから、字牌や端牌待ちの価値が下がるな」と意識しておくといいでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました