三人麻雀の点数状況判断

3人麻雀 上級編

3麻の点数状況によって、打ち方が変わるかどうかについて解説します

大体局収支通りに打つ

3麻は親番でいくらでも稼げる可能性のあるゲームです。
となると、トップ目となると相手の親をノーリスクでさっさと蹴るのが理想に思えるかもしれませんが
東場の時点で相手の親を1回蹴れたところで、まだ相手の親は1回ずつ残っています

南場の親でさえ、一人の親を蹴ってももう一人の親がまだ残っています。
トップ目だから親を蹴ろうなんていってもキリがないんです。
親番を蹴るためにダマ3900を上がったから、最後の最後にマクられた・・・なんてこともあるでしょう。
なので、基本的に3麻は点数状況をあまり意識せず打つことが多いです

点数状況を意識するとしたら、次の3つの状況だけになります

・自分がラス親の、南2局(東風なら東2局)
・飛びそうな人がいる場合
・南場で親がないラス目

それぞれ解説していきます

自分がラス親の、南2局(東風なら東2局)

 この局を流せば、自分が親でオーラス・・・という場合
オーラスは自分が親なのであれば、自分が2着目と離れたトップ目なら、かなり安全にその1局で終わらせることができるので、その前の南2局は特に消化する価値のある1局になります
 もちろんトップが取れるかどうかは、点差によります。

 重要な点差は
2着目と・・・

2100点差     

3着目のマンガンツモに耐えられる
2着目がリー棒を出した後の、ノーテン流局でもトップ

★3100点差 
ノーテン 流局でもトップ

10100点差
マンガンツモられでもトップ

★15100点差
ハネマンツモられでもトップ

このあたりです。ラス前になったら、これらの重要な点差のうち、「どの点差が狙えそうか?」を意識して手を作っていくといいです

特に3100点差と15100点差が大事なので、2着目と1100点差なら、まずは2000点くらいで速攻で流すことを考えます

7200点差なら、満貫を上がりに行ってもいいですし、
速攻でアガって3100点差以上をキープしに行くのもいいでしょう

f:id:lazyandshortest:20200917080541j:plain

南2局。自分がラス親なので、この局は安手でいいから流したい。
対面に差し込むのも良い

飛びそうな人がいる場合

トビ寸がいる場合はその人を飛ばしてしまうとゲームが終わるので、「その人を飛ばすのが得か?」を考えて手を作ります。
時にはトバさないよう見逃したり、逆に飛ばすために打点を上げにいくといった特殊な判断を下す必要が出てきます

親がないラス目

2着目との点差にもよりますが、もし2着目とも10000点差以上離れている場合
安手で上がるのはあまりよくないです

基本的に離れたラス目は高打点の手を作って、テンパイしたらゼンツというのが基本になります。
また、「2着目が、トップ目の親番に放銃して点差が縮まる」という幸運を取り逃さないためにも、
自身の高打点アガリが難しそうなら、放銃しないように立ち回るのも大事です

コメント

タイトルとURLをコピーしました