3麻 対リーチ押し引き

3人麻雀 押し引き

相手からリーチ!
自分テンパイの時に危険牌を切っていいのか?、ベタオリすべきなのかの基準を述べていきます。

この基準は私のオリジナルではなく、3麻のデータ本に載っていた情報を、自分なりにかみ砕いて説明しているものです。
詳細が知りたい方はデータ本を買って読むといいでしょう。

では、述べていきます

対リーチ押し引き基準(無筋を押して攻めるケース)

子vs子
相手北ドラ0
良形1ハン、愚形3ハンで追っかけリーチ
フーロ手も同じ基準で押し

北ドラ1
良形2ハン、愚形4ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形3ハン、愚形5200で押し

北ドラ2
良形3ハン、愚形ハネマンで追っかけリーチ
フーロ手は良形5200、愚形4ハンで押し

対親
相手北ドラ0
良形2ハン、愚形4ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形3ハン、愚形5200で押し

北ドラ1
良形3ハン、愚形6ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形5200、愚形4ハンで押し

北ドラ2
良形4ハン、愚形8ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形4ハン、愚形6ハンで押し

自分親
相手北ドラ0
ゼンツ
北ドラ1
良形1ハン、愚形2ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形1ハン、愚形3900で押し

北ドラ2
良形1ハン、愚形3ハンで追っかけリーチ
フーロ手は良形2ハン、愚形5800で押し

安全牌や、危険度の低い牌を切って押す場合

子vs子
愚形1~2ハンで押し

対親
愚形2~3ハンで押し

自親
ゼンツ

ダマテンで押す場合は、フーロ手で押す場合と大体同じ基準で押します
面前の役あり愚形テンパイで押し返す場合は、
フーロ手の方が押す基準が低いので、ダマテンで押すことが多いですね

この基準を頭の中に叩き込むのは難しいので、
自分はノートにメモって、横でカンニングしながら判断しています。

フリーの3麻では困るだろ!と思われるかもしれませんが、フリーの3麻の押し引きはもっと単純なので、問題ありません

この押し引き基準で驚くことと言ったら、「親の強さ」でしょう
親が北を1枚抜いてリーチするだけで、子の愚形テンパイのほとんどはオリを余儀なくされます
また逆に子が北を2枚抜いて威圧感リーチをしたとしても、親であればほとんどの手で押すことができます。

もちろん、親が押せる理由は「ツモられても痛いから、押した方がマシ」という後ろ向きな理由もあるのですが、
それでも「3麻の親は押せ」「親には逆らうな」というのは大雑把ですが真理だろうと思います。

あとは安全牌を切っての追っかけの強さも光ります
先手リーチは入っていなくとも、「後手で押し返したいから安全牌を持っておく」という手組は有効になりそうです

実戦例

f:id:lazyandshortest:20200922112831j:plain

子対子 ダマ愚形1ハン リーチして愚形2ハン 
ラス目とはいえ、さすがにオリ有利です

f:id:lazyandshortest:20200922113007j:plain

ダマ愚形3ハン。ホンイツ変化もあるしこれなら見合います

f:id:lazyandshortest:20200922113441j:plain

子vs親
親リーに対し、両無筋を切ることになりますが、こちらは良形3ハンなので押し

f:id:lazyandshortest:20200922114448j:plain

子vs親
3ハン
親にたいして安全牌を切って勝負できるので押します。

f:id:lazyandshortest:20200922114735j:plain

子vs子 良形3ハンなので押せます

ただ、上記のテンパイでも状況がより厳しくなればオリ有利になることもあります
よくあるのは2件テンパイに対して、両者に危険牌を切る場合と、超終盤に危険牌を切る場合です。

対2件テンパイ

2件に対して、両方に危険な牌を押す場合
子であれば良形+ハネマン
親であれば、良計テンパイが必要

注意点としては、2件に対して危険牌を切る場合であって、
1件には通っている牌ならここまで厳しい基準にはなりません。
その場合は1人に対して押す、通常の押し引きとして考えても問題ないでしょう

2件に対して安全な牌を切ってテンパイなら、
先ほど述べた安全牌を切っての押し引き基準通りラフに追っかけリーチすることも多いです

f:id:lazyandshortest:20200922131324j:plain

リーチ者以外に、親も鳴いて押しているので2件相手の押し引きに見えますが、
9sは親に通っているので、「この手牌でリーチ者に押していいか?」だけ考えればOKです
4ハン愚形なので、南家のリーチに対しては十分押し有利なので押します

f:id:lazyandshortest:20200922131310j:plain

 対2件リーチ
親の良形テンパイなので押し

終盤の押し引き

体感的には終盤はオリ寄りになると思っていたんですが
データ本によると、8巡目でも11巡目でも14巡目でも押せる手にほとんど変化がありません。
つまり、終盤でも押せる手は勝負した方がいいということになります

もちろん、終盤は通っている牌が多くなるので、通ってない無筋の危険度が上がっているケースはあり、その場合は終盤だからというより、単純に危険度が高いから、オリ寄りになります

(残り筋6本の無筋の危険度は約15%ですが、残り筋が2本のうちの無筋は25%当たります。安全牌を切ってのテンパイなら相当押し寄りだったのと同じように、10%も危険度が上昇すれば相当オリ寄りになります)

残り筋4本なら基準より1ハンアップ 
残り筋2本なら基準より3ハンアップ
くらいに調整するといいでしょう

また17巡目などの流局間際になると、勝負手でも危険牌を切らずに降りることが多いです
もちろんケイテンなどでは、無筋ほどでなくても、当たりうるなら切らずに降ります。

3麻は4麻と比べて和了時の打点がめちゃめちゃ高いのに、
ノーテン罰符はなぜか最大で2000点と4麻より安いので、ケイテンの価値はほとんどありません。
なのでちょっとでも危険だと思った牌は、流局直前で切らない方がいいです

f:id:lazyandshortest:20200922110157j:plain

東は1枚切れ。親権維持のために東くらいはと押しましたが、これすら押さない方がいいでしょう。

f:id:lazyandshortest:20200922114143j:plain

下家は下りていて、6pはリーチ者にかなり通りそう(9p、8p先切り、3pが通っているので、手順的にカン6pやシャボ6pで当たることは無さそう)

なので終盤ですがこのくらいは押し。
ただし筋の7sはペンチャンにもカンチャンにもシャボにもまだ当たりうるので、1シャンテン終盤からは切りません

1シャンテン押し

3麻の1シャンテン押しは、4麻と大して変わりません。
「テンパイしたら勝負できる手である」ことと、「他家が押していないこと」は必須条件で

それに加え
現物が1枚以下とか
自分親で良計高打点だとか
切る牌がまあまあ安全だとか

そういう理由が重なったとき1シャンテンから押します

f:id:lazyandshortest:20200916172800j:plain

自分親で現物は2sのみ
こちらはテンパイしたら愚形7700以上は確定なので、勝負できる手です
対面はまだ明確に押しているわけではなさそう。

自身の手は現物が少なく、
9pはリーチ前の7pマタギでまだマシな牌なので1シャンテン押しします

f:id:lazyandshortest:20200916172829j:plain

受け入れはやや減り、愚形テンパイ率が上がってしまいますが、4pがかなり通りやすい中筋になったので、4p切って1シャンテンキープ

f:id:lazyandshortest:20200916172837j:plain

終盤に差し掛かったところですが、まだギリギリ押していいでしょう。
残り2巡以下ならもうリーチせずオリそうです

f:id:lazyandshortest:20200922114037j:plain

 リーチがかかっていなければドラを切りたいところですが、さすがにリーチに対して危険牌を切ってのメンツ手よりかは、安全牌を切ってチートイ1シャンテンを維持した方が良いでしょう

f:id:lazyandshortest:20200922120509j:plain

親で勝負手ですが、リーチに対して2p9pと2枚押さないとテンパイできないので2s切って迂回

f:id:lazyandshortest:20200922131313j:plain

 現物は2sのみ
3s切れば手広い1シャンテンですが、南家がリーチ後も1s2sと無筋を切って押し返しているので、自分は無理せず2s切ってベタオリします

f:id:lazyandshortest:20200922131654j:plain

南1枚切れですが、終盤でテンパイすると5sか4sも勝負しないといけないので、ちょっとしたリスクも負わずオリます

f:id:lazyandshortest:20200922131808j:plain

1枚切れとはいえドラなので、オリたくなりますが、まだ自分のアガリ牌があまり場に見えておらず、終盤になるまで1~2巡猶予があるので、このくらいなら押します

f:id:lazyandshortest:20200922131810j:plain

子vs親 良形3~4ハンなので押します

コメント

タイトルとURLをコピーしました