配牌をみて確認すること 3人麻雀編

3人麻雀 手組

配牌をもらった後「どんな風に打っていくか」を決める作業はその後の手組をミスらないために重要です
今回は3人麻雀で配牌をもらった際確認することを述べていきます

ドラ

真っ先に確認するのはドラですね。
自分の手に打点があるのか無いのかによって、手組が変わってくることもありますし
何より「第一打にドラの字牌切っちゃった! 欲しかったのに~」なんてミスは痛すぎます。

1.9字牌が何種類あるか

3麻の国士に行く基準は、別記事で詳しく書いたので、興味がある方は見てみてください

配牌がそこそこバラバラであれば、1.9字牌を必ず数えます。
3麻は結構国士ができるので、「数えるのサボったから国士アガリ損ねた」なんてことにならないよう気をつけましょう

f:id:lazyandshortest:20200916181436j:plain

北無しで8種。国士を見ます

ターツは足りているか?

ターツが足りているかどうかによって、切る孤立牌の順番が違ってくるので、ターツの数を数えるのは大事です。

もしターツが足りていない場合、孤立牌の価値は
1.9s,p>孤立字牌、孤立1.9m
になります
たとえ4sがあっても1sより孤立役牌を切ります。この辺はリーチが強くな気が弱い3麻ならではですね

f:id:lazyandshortest:20200916172552j:plain

ドラドラありますが、ターツが足りてないので9p>>>役牌

f:id:lazyandshortest:20200916172626j:plain

9s>>役牌

f:id:lazyandshortest:20200916172647j:plain

7p2枚切れですが一応ターツ足りたので中>9s
ターツが足りている場合でも、
愚形残りなら2~8牌は良計変化のためにとっておき、孤立役牌を切ります

f:id:lazyandshortest:20200916173847j:plain

7s引いて両面変化から、6pトイツ落としをしたいので、8sを持っておきます

頭はあるか?

役牌トイツ以外に頭がある場合、高打点なら3麻は若干遠くても役牌を鳴いた方がいいので(詳しくは3麻の鳴き基準を参考)
頭のあるなしは配牌をもらったら意識しておくと、鳴き判断がスムーズになります

f:id:lazyandshortest:20200922131512j:plain

 頭があるので、発を鳴きますが、頭が無ければスルーします

まとめ 

配牌をみたら

ドラ→1.9字牌の種類→ターツの数→頭の有無 の確認

あと余裕があれば、相手の抜いた北の枚数も把握しておくといいですね
配牌の時点で確認しておくと、その後3~7牌が切られた際に瞬時にヤミテンを警戒できるので

コメント

タイトルとURLをコピーしました