オリ方とその準備

4人麻雀 押し引き

ベタオリが大事!といっても、そもそもどういう風にベタオリをすればいいのか?はあまり書かれていないです。なぜなら、オリるのはとても地味な内容だからです。

しかし、実戦では、
ベタオリするかゼンツか、それともまだどっちとも言えないのかという判断や
ベタオリするにしてもケイテンを見るのか、共通現物を残すのか
など、注意点は結構あるので、
本記事は、それらの注意点を、どの順番で意識し、情報を処理し、選択しているのかを解説します

リーチが来る前に、安全牌カウンティング

安全牌カウンティングとはなにかというと、相手の牌が捨てられたら、その都度
「何が捨てられたか」、「自分の手牌のこの牌が、こいつには安全そうだ」
という確認をしていくことです

これをやっておくことで、常に「誰に対し、どのくらい安全牌が足りているか、足りていないか」がわかります

f:id:lazyandshortest:20200914164002j:plain

対面には4s、上家には5mが安全ですが、下家には安全牌がない。ことを確認。
→自分の手は6巡目で3シャンテンなので、下家にも安全牌になる西を残して6s切り

「えーそんなの面倒だし、相手からリーチがかかってこなかったら意味ないじゃん」
と思うかもしれませんが
これをやっているかどうかで、リーチに対する後手の打ち回しの精度が全然違ってきます

リーチが来てから
①安全牌の確認
②自分の手はどの程度攻められそう?余っている牌は危険牌?安全牌?
③リーチ宣言牌を鳴く? 手は短くなるし、鳴かずに降りた方がいい?
などをその瞬間に1から考えるとどうしても無理が出てしまいますが

安全牌カウンティングをしておくことで
①安全牌の確認
②自分の手はどの程度攻められそう?余っている牌は危険牌?安全牌?

の部分は、もう頭に入っている状態なので、カットすることができ、
その結果、「相手のリーチに対して自分はどう行動するか」を瞬時に判断できるのです

というわけで、安全牌カウンティングは地味ながら、非常に役立ちます。
自分は「手牌の何切る、何鳴く」を一通り考え終わったら、後は相手の捨て牌を見てカウンティングをしています

f:id:lazyandshortest:20200914164149j:plain

対面からリーチ。
対面の現物は8p、西、白とありますが、8pはほかの二人に危険です

そして自分は8pを残して、その後7pを引いてもすぐに6pを切りたいかというとそうでもない。
そのため、そこまでいらない8pは両脇から攻められる前に切ります

f:id:lazyandshortest:20200914164454j:plain

赤5sを引いてきました。ベタオリなら共通現物でない6pを切りますが、
対面の6mを1回くらいは今後鳴けそうなので、まあまあテンパイできそうです
テンパイしたら押し返したい手になので、形を崩さず西切り。

f:id:lazyandshortest:20200914164712j:plain

というような感じで、カウンティングをしておけば、慌てず、正確に後手から押し返すことができます。

相手からリーチが来たら何を考えるか

①まず、相手のリーチに対して、自分が持っている現物、通りそうな筋の把握。
②周りの共通現物を残して降りるか、共通現物を切って、自分の手の形を維持するか?を考える

なぜ、共通現物を残すのかというと
Aさんリーチ。  
共通現物の西と、Aさんだけには現物の8pがあるけど、共通現物を切る
→すぐにBさんが追っかけリーチ。→8pはBさんには通っていない!安全牌がない!

という状況を回避するためです


安全牌がないという状況にならなければいいので
共通現物を切っても共通現物が他にたくさんあるなら、気にせず切ってしまえばいいんですが、

微妙な時はどうしたらいいでしょうか?、
共通現物を残すかそれとも、共通現物を切って形を維持するかの判断基準を書いておきます。

共通現物を切って形を残す基準
・共通現物がまだ結構ある
・周りがリーチ一発目に危険牌を押していない。仕掛けたりなどしておらず、攻めてこなさそう
・自分の手がテンパイしたら勝負できる
・ケイテンが狙えそうな11巡目以降

これらの基準のどれかに当てはまれば、共通現物を消費してOKなことが多いです

さきほど説明しましたが「共通現物」がどのくらい自分の手牌にあるかも、「安全牌カウンティング」によって準備しておけばスムーズに把握できるので
やはり安全牌カウンティングは大事です

リーチに対してのオリるときの思考はこれで終わりです。

鳴きに対してのオリ方

鳴きに対してオリるかどうかを判断する場合はどうでしょうか?
鳴きに対してはリーチより考えておくことが増えます

相手に鳴きが入ったらまず考えることは
場に出ていない役牌のチェック
2枚切れなら、OK 1枚切れなら一応持ってるかも? 
0枚切れなら、その役牌が絡んでいる可能性があります

②鳴きの役や打点をざっくり把握
鳴き方や、切る牌の順番によって「役」はある程度予想できますが
問題は打点です
安いのが確定なら無視。高い可能性があるなら、自分がクズ手ではあまり押さないようにし
高いのが確定なら、ぱっとしない1シャンテンくらいからでもあまり押さないようにします

f:id:lazyandshortest:20200914170519j:plain

上家の親がチー。
①場に出てない役牌→中のみ
②役→ 中かタンヤオ
打点→ドラ2確定でもう一つくらいあってもおかしくないので12000点ありそう
テンパイしていそうか?→わからない

上家はテンパイこそ不明ですが、高打点なのは間違いなく
自分は1シャンテンどころか、3シャンテンの手牌なのでここからベタオリしていきます

鳴き手に通りそうな牌は9pや9m、東がありますが、
東だけは共通現物なので、先に鳴き手にしか安全でない9pなどを切って降ります

もし早い段階で降りることを決めたら、共通現物を残せるように、その巡目でしか安全ではない牌を優先的に切ります
(リーチと違って、鳴き手に対しては、この巡目なら切られたから安全だけど、次巡以降手出しが入ったら安全とは言えなくなるので、)

f:id:lazyandshortest:20200916094351j:plain

対面の鳴きに対してベタオリをしている局面です。
南も安全ですが、上家がちょうど7pを通したので、今のうちに7pを切ります。

f:id:lazyandshortest:20200916094400j:plain

9sは通っていて、上家が3sを通したので、今のうちに6sを通しておき、共通アンパイの南は後々にとっておきながらオリます

「鳴き手だから、リーチと違ってそこまで怖くないし」と思うかもしれませんが、鳴きに対してのベタオリのほうが、繊細な打ち方が求められるので、ミスしやすいです。
相手の鳴きに対しても、オリ気味だと判断したら集中してオリましょう

そもそも「鳴きに対して、押すべきなのかベタオリすべきなのかがよく分からない」という方は、判断基準を別記事で詳しく書いているので参考にしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました