鳴いた後何を考えるか?

4人麻雀 手組

何鳴く?はよく聞きますが、鳴いた後何を考える?は あまり聞きませんよね
戦術本にも、鳴いた手牌での強者の思考はあまり書かれていないように思われます。

ですが、鳴いたあとの思考は非常に大事です
鳴いた手牌は面前の手牌ほど守備力がないことが多いので、一歩間違えば手痛い失点につながりますし
鳴いたということは、自身のあがりにも近いので、鳴いた後の思考次第では、ミスってアガり逃しをした・・・ということにもなりかねません

鳴いた後の思考は、アガリにも放銃にも密接にかかわる重要な勉強項目なわけです。
ということで、今回は鳴いた後の思考について、よく考えることを書いていきます。

テンパイしても、変化を考える

鳴いてテンパイしたら、自動和了を押して一息ついてしまうかもしれませんがまだ早いです。鳴き手には手替わりがあるので。

何も考えずに44p西西から、5pを引いてきて、両面変化だと思って、4p切ったらフリテンだった・・・みたいなことが無いよう、鳴いた後も気を緩めず待ち変化を考えておく必要があります

また、テンパイ後の鳴きについても考えておきます
大明槓はした方がいいか?アンカンは?
ドラが出たらポンする?
食いのばしする?
などなど

相手の鳴きに対して、鳴いた後でも降りる

自分が鳴いて1,2シャンテンの時にリーチを受けたらどうしますか?
多くの場合、オリ有利なのでベタオリを選択しますよね。

では相手が鳴き手だったらどうでしょうか?
相手が鳴いててそこそこの打点でテンパイしてそうな時に、自分が鳴いて1,2シャンテン。この時にオリれないことが、多いのではないでしょうか?

リーチに対しては、なんとなく怖いので鳴いた後の手牌からでもオリを選択しやすいのですが、相手が鳴いている場合、「打点が安いんじゃないか?」とか「まだノーテンかも?」と勝手に思って、鳴いて手牌を縮めた後だと、オリるのがもったいない気がしてオリれなかったりするのです

しかし予測打点的に、3900~8000くらいはありそうな2フーロ、
こちらは1シャンテンで大体2000点 
こんな時は降りてしまったほうがいいでしょう。リーチほど明確な脅威ではないものの、すでに分が悪いのですから、危険牌を切るほうがもったいないです
オリるのがもったいないと思う気持ちへの対処法として有効なのは
「分が悪そうと思ったら手じまいしよう」と事前に考えておくことです
心の準備をしておくことで、急な状況の変化にも落ち着いて対応できます

f:id:lazyandshortest:20200912183427j:plain
トップ目で速度と守備に寄せた手組をしようとしているところに6sが。
急所ではないが普通なら鳴いてもいいですが今回はすでに親が仕掛けています。 
これだと運よくテンパイできたとしても親の仕掛けに対して2000点で無筋を切り続けなければなりません。
ドラは全く見えてないので、親の打点は5800~12000点といったところ。
2000点愚形では普通に分が悪そうですよね?

それならもう鳴いて手が短くなっていますが、急所以外は鳴かずにオリたほうがいいでしょう

f:id:lazyandshortest:20200912183733j:plain

この5sも

f:id:lazyandshortest:20200912183750j:plain

この3mも鳴かず

f:id:lazyandshortest:20200912183809j:plain

後々親が手出ししてしまうと3mが危険になってしまうので、今のうち!と3mを切って

f:id:lazyandshortest:20200912183854j:plain

鳴いて打5s  この後5sか9sを切ってテンパイの予定 
安全そうな牌だけを切ってテンパイを狙えるなら狙いに行きます

先切りするか?

334p 77s 西と持っていて、西は完全安パイ、3pは危険牌というとき、
3pを先に切って、完全安パイを抱えるか、西を切って3の部分も持っておくか  
の判断は、鳴いた後に頻出するので
「安全牌引いたら、先切るかどうか」は鳴いた後よく考えておくといいです。

状況によることが多いので、先切りするかどうかの基準は一概にズバッといえませんが
ある程度基準を述べておくことはできるので、以下に書いておきます

・相手にテンパイが入りだす中盤(6~12巡目)は先切りが有利になりやすい
・鳴いている相手がいて、相手にテンパイが入っていそうなら、3pは切らないで保留。 テンパイが入ってなさそうなら、先切り有利
・13巡目以降は、形式テンパイも偉いので、テンパイ優先で西切り有利
・自分の手牌が安く、守備力がないなら先切り有利
・自分の手が高く、すぐにでもテンパイしそうなら3p残し有利
・334p77s の手牌のうち、77sの部分が99sや、白白など、鳴きやすい相方なら、3p残し有利  逆になきづらいなら先切り有利
・3pが全員にそこそこ通りやすいなら、3p残し有利

こんな感じで、思いつくだけでもいろいろあるので、
実戦では「うーんどっちだろ?」と考えないといけません

f:id:lazyandshortest:20200912114939j:plain

下家には7,8m 対面には4pが安全牌としてありますが、上家には安全牌が無いので東は打たずに8mを先切り

f:id:lazyandshortest:20200912214613j:plain

(自分は鳴いてないですが)
相手は2フーロですが、ドラも切ってて安そうですし
まだテンパイかも怪しいので、後々当たりになりそうな8sを先切り

ブラフをするかどうか?

主に、ホンイツなどの染め手をやっている際に、全然手が進まなかった際に
「ブラフをするかどうか」を考えておきます

ブラフをする場合は、中盤に染め色の牌をわざと余らせばいいだけなので簡単です
注意点として、ブラフをバラしたくない場合は、他の色の牌を手出ししないこと。


あと進まなかったからと言って、ブラフをするのが得かどうかを考えずにブラフするのは良くないのでよく考えておく必要があります

ブラフ有利になる要素は
・相手のテンパイがまだっぽい(1~2シャンテンくらい)
・自分がラス目の親(この場合、ブラフしつつ、終盤はネタ晴らししてもいいから計テンに向かう必要がある)
・自分がトップ目でノーテン流局歓迎
・親を流したい&親がマンガンを放銃しずらい点棒状況

といったところなので、これらに複数当てはまればブラフに切り替えるのも良いでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました