不調時の対処法

メンタル管理

麻雀を打っていれば必ず不調期が来ます。
いつも通り打っているはずなのに、常に負け続け、ツイテないことが起こり続けます。
不調は誰にでもやってきますし、麻雀を打っていればどんなタイミングで不調になってもおかしくありません。

しかしだからこそ、不調な時に踏みとどまり、自分を信じ、最小限の負けで抑えることができれば、他のプレーヤーと差をつけることができます。
本記事では、不調な時に陥りがちな悪循環と、その対策について書いていきます。

不調な時に陥りがちな悪循環  打ち方を変えてしまう

自分が不調の時、ちゃんと自分の打ち方を貫いていても、ものの見事に負けるものですが
その際、他人の打ち方が非常に強い打ち方に見えることがあります

自分が守備型なら、攻撃型が
自分が攻撃型なら、守備型のプレーヤーの打ち方が「麻雀で勝てる真の打ち方」な気がしてしまうのです。
しかし、実際そんなことはないのです。どんな打ち方でも大して変わらないし、
今勝っているプレーヤでも不調のときはあなた以上に負けているかもしれません。

ですが、それに気づけず他人の打ち方を取り入れようとすると、今までの自分の麻雀のフォームが急激にブレます。
ちょっと鳴きを増やしただけで、守備力の低下が著しく、鳴いた後の立ち回りで集中力を使ってしまい、いつもの打ち方なら取れていた終盤のケイテンも取れなくなったり、牌効率をミスったりします
そしてより勝てなくなるわけです。

では、この悪循環にはまらないためにはどうしたらよいのか。対策は3つあります。

不調を耐えるための対策3つ

まず、自分の打ち方を一度紙か何かに書き出す作業をしておくと、自分のフォームを維持するのに非常に効果があります。

この作業は自分が好調で、自分の打ち方に自信を持っているときに行うとよいです。
手組からケイテン判断までとにかく頻出事項については、その紙をを見ればすぐに思い出せるように形にしておけば、不調になって自分の勝ち方をふと忘れてしまっても、容易に元の打ち方に修正することができます。

対策その2は、麻雀の勉強だけは絶対にしないと心に決めること
不調の際に新しい麻雀の知識を勉強するということは、上記の悪循環にはまる要因になりえます

もちろん本来なら勉強することは悪くないですが、不調の時はとにかく耐えることが優先です
どうせ不調の時は、何をどう勉強しても勝てませんし、ましては「流れ論」などを学びだしたりなんかしたらなかなか戻ってこれなくなります

対策その3は 「麻雀以外のことをする」  です
良い麻雀を打つためには、「集中力」と「モチベ」が必要です
ただ、負けすぎておかしくなった状態では、とてもベストパフォーマンスで麻雀を打つことはできません
なので、いったん麻雀を打つことは忘れ、他のことに取り組み、気持ちが戻ってくるのを待つ
「あ~なんか麻雀打ちたいなあ」という気持ちが戻ってきたら、ちょっと打ってみるといいでしょう。
内容の良い麻雀が打てれば、不調を脱することもそう長くはかかりません

まとめ

不調時に耐え、打ち方を変えないのも立派な技術
打ち方を変えない、勉強しない、別のことをやる

コメント

タイトルとURLをコピーしました