ネット麻雀で集中力を持続させるコツ3つ

メンタル管理

麻雀で成績を残すにあたって「集中すること」は非常に大事です。

配牌、何切る、何鳴く、何待ちでリーチするを事前に考えておく
他家への安全牌はどれだけ持っているかの把握。
仕掛けている人が切った牌は手出しか?ツモ切りかの把握

才能ではなく、集中しているかどうかで、これらの作業の出来不出来が決まります

麻雀はある程度知識を付けたら後は、それを実践できるかどうかの集中力ゲーです


ですが、家でやるネット麻雀だとなぜか麻雀に集中できない・・・ということが結構ありますよね。
自分も集中できないし、なんだったらながら打ちしてても勝てる方法ないかなーみたいに考えてしまう人間ですが、残念ながらながら打ちやボーっとしていては、ちょい勝ち組になることはできても、超勝ち組になることはできません。

諦めてください。強くなりたいなら集中するしかないんです

でももう麻雀なんて飽きるほどやったし、どうしても対局中にyoutube開いちゃうんだよという人もいるでしょう。
今日はそんな方向けにネット麻雀で集中力を持続させるコツを書いていきます

部屋を片付ける

自分が読んだ「集中力を養うための本」の中には「集中力を持続させるコツ」がたくさん書いてありますが、その中に「これならネット麻雀にも応用できるな」というものもいくつかありました。

そのうちの一つが、部屋を片付けるです。

筆者の部屋、およびPC周辺環境は確かにいろいろとモノが散らばっていました。
個人的にはそれらがあるから集中力が乱される・・・ということは無いつもりでしたが、
周辺のものが散らばっているのと、そうでない環境とでは「無意識に脳に入ってくる情報量」に差が出ていることでしょう

情報量が少ないほど脳は疲れにくいですし、その結果目の前の対局に集中しやすくなるわけです
というわけで自分はPCの周辺には
押し引き基準をカンニングするためのノートと飲み物以外何も置いてません。

音を消す

「自分の好きな音楽を聴くより,無音の方が集中力が増す」という研究結果があるらしいですが、これを麻雀に応用してみましょう。PCの音量を0にするんです

するとどうでしょう。打牌音も、リーチの発声も聞こえません
当然ですがyoutubeを開いても何も聞こえません
もう、麻雀に集中するしかないですよね? 

音が聞こえなくても集中していれば麻雀に支障はありませんが、
逆にちょっと目を離すと、相手が鳴いたことに気がつかなかったりするので、目が離せない状態になります
音を消すだけでかなり強制的に麻雀に集中できるというわけです

1時間で区切る。○戦打ったらやめる

麻雀の調子が良かったり、逆に悔しい負け方をすると取り戻したくてもう1戦もう1戦とダラダラ長時間やってしまうものですが
人間の脳は長時間集中することに向いていません。
集中できる時間は大体50分くらいと言われています。学校の授業が45分とか50分で区切られているのも集中力を途切らせないためです。

遊びなら集中せずダラダラやってもいいですが、我々にとって麻雀は娯楽ではないですよね?麻雀は遊びではなく、戦いです。
それなら、1時間ほど打ったら休憩を取りましょう。
4麻東南戦なら1~2戦。3麻東南戦なら3戦。3麻東風戦なら5戦
というように、自分は1時間以内で打てる試合数を決めて、その試合数打ったら結果はどうであれ一旦やめ、10分ほど休憩を取るようにしています

休憩の内容は何でもいいですが、目の疲れをいやしたり体を動かすのがおススメです。どうせ休憩の後はまた打つんですから

コメント

タイトルとURLをコピーしました