4麻 ケイテンの取り方 とケイテンでの押し引き

4人麻雀 押し引き

4人麻雀において、ケイテンはとても大事です
相手からリーチが来て、こちらはオリ有利の手牌だとしても、
安全牌を確認して、ケイテンが狙えそうなら、形を保ちつつケイテンを狙って鳴いたりもします

ただし、こういうときはケイテンを狙ってはいけません

ケーテンを狙ってはいけないケース

残りツモが3巡以上残っているのに、危険牌を切らなければならない場合
基本的にケイテンは「危険牌を切ってまで狙うべきものではない」です
残り1巡なら危険牌を切ることが得になりますが、3巡以上切らなければならないのであれば、一旦テンパイを崩してでも安全牌を切りましょう

f:id:lazyandshortest:20200912202714j:plain

ダンラスなので、この手はケイテンみたいなもの。
あと3回何かを切らないといけないので、5mや6mは切らずに安全な1p切り。

f:id:lazyandshortest:20200912202901j:plain

最終ツモなので、ケイテンで押せる!

リーチ者以外にテンパイしていそうな人がいる場合
→この場合は形を保つことより、リーチ者と、テンパイしている他家の共通現物を後に残すことの方が大事です
なぜなら、他家が押しているので流局率は低くなるのでケイテンの意味が無くなりますし
共通現物を残さなかったがために、のちの巡目で他家やリーチ者に振り込んでしまうケースが出てくるからです

鳴くと、安全牌が無くなる&まだ3回以上ツモ巡が回ってくる場合
先ほどの「残り3巡以上で危険牌を切るのはよくない」のと同じで、鳴いて手が進むとしても、
鳴いた後の手牌が安全牌が無くなる場合は、残り3巡の間危険牌を持ってきたら切らなければならなくなるので、鳴いてはいけません

ケイテンはいつから狙うべき?

またケイテンはどの程度の巡目から意識すればいいか?ですが、
基本的に「自分の手牌があがれない」とわかったときからケイテンを狙います

例えば、誰からもリーチがかかってなくても、自分の手牌が13巡目で2シャンテンであれば、「あがれなさそう」だとわかりますよね?
それなら、アガリをみないで、役なしケイテン狙いで鳴いていきましょう
相手からリーチがかかってきて、こちらの手はテンパっても安手愚形でとても押し返せない・・・という場合も、テンパイしても危険牌を切れないわけですから「自分の手はあがれない」ことが予想できます

なので、相手のリーチに対し、安全牌が豊富でベタオリは余裕そうなら、
「せっかくだし形式テンパイは狙えないか?」という意識が大事になります

ケイテンでの押し引き

「自分はケイテンだが残り1、2巡でどんな危険牌を押していいか?」という問いについて、
朝倉プロが書いた、「麻雀の失敗学」にちょうどケイテン押しについて書いてあったので引用します

残りツモ0回(最後のツモ)で

放銃率25%の牌なら相手の打点が8500点以下なら押し

33%なら相手の打点が6000点以下なら押し

50%なら相手の打点が3500点以下なら押し

です

まあ対リーチの放銃打点は平均7000点くらいなので、4分の1くらいで当たる牌までならケイテンで押していいケースがほとんどだということです
ちなみにリーチに対して放銃率25%当たる牌というのは、ほとんどありません。
なので、基本的にケイテンで残り1巡で、リーチに対して危険牌を持ってきたら、涼しい顔で切ってやりましょう

f:id:lazyandshortest:20200914115308j:plain

ハイテイでテンパイしたので、ションパイでドラですがプッシュ

南場で親リーなので放銃したらラス確定といっていいくらいですが、
ここでオリたからといって必ずラス回避できるわけでもないですし、このテンパイノーテン収入の差で平均順位が大きく変わりかねないくらいフラットな点棒状況です

それなら、東場だと思って普通に局収支的に得なので押します

ケーテンで押せないケース

ケーテンで押せない例外もあります
・ケイテン収入がさほど偉くない場合(トップ目など)
・大きな放銃が特に致命傷になる場合(南2局以降で、そこそこ離れたトップ目や、4着目と近い3着目など)
・複数のテンパイ者がいて、その両方に危険な牌


ちなみに、相手が鳴きテンパイの場合は、手役が分かっていたり
通った牌がリーチしている人より多かったりして、待ち候補が2,3点にまで絞れることがあります
その場合は、相手がよほど安い仕掛けでない限りは、危険牌を切ってケイテンを取ることは損になるので気をつけましょう。
まあでもそんなことはレアケースなので、大体押してOKなんですけどね

f:id:lazyandshortest:20200915142001j:plain

 2000点両面テンパイですが、残りツモ1回&安いので、実質ケーテンみたいなものでしょう。
ここから南を押すのは損だと思います。なぜかというと南が2人にあたりうるので危険度が高いからです

親リーに、6sや3pなどガシガシ押している南家は勝負手をテンパイしていてもおかしくないでしょう。
そうなると、このションパイの南は親リーにも勝負手らしき南家にも放銃する可能性があります。

一人に対して25%以上当たる危険牌はあまりないですが、
2人にあたりうるなら、南の危険度は一人に対し12.5%あるとオリ有利なわけです。
終盤でションパイの字牌なら12,5%くらいは危険でもおかしくないです

どちらも放銃したら8000点以上ありそうですし、残りツモも1回ありますし、この南は切らず降りた方が良さそうです

コメント

タイトルとURLをコピーしました