フリー雀荘メンバーのススメ

フリールール対応

雀荘業は、楽しい

フリー雀荘のメンバーになってみたいと思いつつ、
「どんな仕事なんだろう?」と良く分からず、求人に応募できずにいる・・・人もいると思います
自分もそうでした。
自分の場合、弟が先に雀荘メンバーのバイトをしていて、「給料出ないけど楽しいよ」と言っていたので
給料出ないのか・・・と不安になりつつ「でも給料出ないのに楽しいってことはよほど楽しいのでは・・・?」
という期待もあり、雀荘メンバーを始めました

今はもうお店が潰れてしまったので、自分は2か月ほどでやめることになりましたが、その間の雀荘メンバー生活はの感想はというと、「ものすごく楽しい」というものでした

できれば雀荘メンバーの仕事に興味を持ったのであれば、是非やってみてもらいたい。
仕事に対する価値観が変わるかもしれません。それぐらい雀荘の仕事は異色で、他の仕事にはない楽しさがあります

本記事では、自分が体験した雀荘での仕事などを紹介し、その上で「最初はこんな雀荘がよさそう」というのを述べていきたいと思います

自分が体験した仕事内容

自分が応募したのは家から電車で30分くらいのところにある、個人店の雀荘でした
レートは点5~ピン。4麻も3麻もやっているお店でした
当初自分は、「ラクそう、暇そう」というのを軸にバイト探しをしていたので
応募する前にその雀荘に足を運び、実際に麻雀を打ちながら店内の様子を観察していました

そのお店は開店して1年たっていないというのに、場末感が漂っていました
なんと、オーナー(と思われる人物)と、メンバーが、使われていない雀荘の卓でポーカーをやっていたからですww
お客さんは4人で打ってるのに、接客そっちのけw
これは自分もメンバーになれば、ラクできるに違いないと思い、早速応募しました

昼12時~夜12時の12時間勤務、週6です。
過酷な労働条件かと思いますが、全然そんなことはありません。
仕事内容は以下のようなものでした

昼12時~14時
2階の部屋がセット専門の部屋なので、セットさんが散らかしたゴミを片付け、卓掃
1階も片付いてないので卓掃。 コップ洗い、ゴミ出し、買い出し

14時~18時 仕事がない。お客さんもいない  スマホをいじる。寝る
18時~24時 お客さんが来る。麻雀を打つ セットのお客さんが来たら案内する

以上

いや待て! どうして4時間も空白時間なんだといいたくなるかもしれません。
自分もそう思いました。この時間は何なのか。なぜ自分は店でスマホをいじっているだけで一時間900円ももらえてしまうのか

客がいない時は掃除でもしててみたいな感じで、仕事を振ってくるのが「普通のアルバイト」だと思うのですが、雀荘はその辺がユルイところも多い。
「客がいるときに麻雀さえ打ってくれればいい」という考えの人もいるのです

なので自分が実質働いていた時間は2時間くらい。しかものんびりマイペースで掃除ができるという環境だったのでとても楽でした
お客さんが来たら来たらで、麻雀が打てるので非常に楽しい時間を過ごせていました。

この店はゲーム代はハーフバック。ゲーム代が400円の場合は一旦400円払うけど
打ち終わった後その半額がまとめて給料にたされるという方式でした。
なので給料はというと、毎日12時間×900円の10800円
ここから、麻雀の勝ち負けが加減され、そのあとゲームバックが足されるという感じです

自分の成績だと、500回くらい打って、ちょうどゲーム代を返せるくらいの成績だったので
ゲームバック分給料が増えていました。
1か月半の勤務でしたが、45万円ほど給料がもらえたので、
「雀荘メンバーの仕事ってこんなに楽しいのに、ここまで給料をもらってしまってよいのか・・・」と何度も思ったものです

雀荘で楽しく働くために

とまあこんな感じで最初の雀荘メンバーの仕事は非常に好感触だったので、「次の仕事も雀荘メンバーにしよう」と私は思ったのですが、次にテキトーに応募したバイト先は「麻雀を打つより、接客重視」のキチっとした職場だったので、3日で合わなくなって辞めてしまいました。

この経験から、応募先の雀荘に迷っている人に伝えたいことはただ一つ
「応募する前に、実際に打ちに行って。面倒くさがるとロクなことがない!」
キチっとした雀荘が悪いわけではないですが、せめて「自分と合いそうだな」と思える雀荘でないとやはり楽しく働くことは難しいです。

自分の場合は、メンバー同士がなんか雑談してるとか、スマホいじっているとか、そういうのはポイント高い雀荘として見ていました。
あとせっかく雀荘メンバーになったからには、麻雀をたくさん打ちたいので、お客さんが多いかどうかも大事なポイントです。

最初はどんなところがいいか? 

どんな働き方をしたいかによりますが、ここでは
「麻雀を打つだけで、あとはほとんど仕事がないけど給料が発生する仕事」がしたいという人向けに書きます

まず、レートが高いところはやめましょう
レートが高いところは、ゲーム代がフルバックだったり、時給が高かったりして一見給料が多く残りそうなのですが
「給料を多めに払ってるんだから、休んでんじゃねーよ」という態度で労働を強制されたり(本来はそれが当たり前ですが)
客のレベルが高いので、麻雀で上手く成績が残せなくなったり
下ブレが来た時に、レートが高いと一日の給料はもちろん、月の給料以上に負けることもあるため、レートが高いところはあまりおススメできません。

なので、点5とかのレートをやっていて、求人を出しているお店で
「従業員が楽しそう」「楽そう」「みんなスマホいじってる」ような接客感ゼロなお店を見つけ出し、応募すると理想な働き方ができます

・レート
・雰囲気

・家からの近さ
・ゲームバックの有無

あたりが雀荘を選ぶ有力な要素になるでしょう。
よく、ゲームバックはフルバックのお店を選びましょうと言われますが
実際はレートのほうが大事だと思います。本当に客のレベルが違うので


最大限稼ぎたい! というより、「楽しくお金を稼ぎたい」というのであれば、
無理に鉄火場に飛び込むのではなく、楽しく麻雀が出来そうなところで働きましょうということです

3麻か、4麻か

もしどちらもできる、あるいは勉強する意欲があるということであれば、3麻を強くお勧めします
自分の体感の話になりますが、「3麻の方が下手な人との実力差が出やすい」からです
なので3麻でレートが低いお店は最高だと思います

3麻のほうが刺激的で楽しいというのも魅力の一つですね。やってて楽しいというのは自分にもメリットですし、中毒性があるということは、「楽しみで打ちにくるお客さん」も多くなるわけで
その分勝てるわけですから

コメント

タイトルとURLをコピーしました