トーナメント攻略

DORA麻雀攻略

DORA麻雀のトーナメントで勝つための打ち方を解説します

トップしか意味のない麻雀を打ったことはあるか?

まずDORA麻雀のトーナメントの多くは、1位勝ち抜けです

1回戦で一位になった人(&幸運にも敗者復活に選ばれた人)しか2回戦にいけませんし
2回戦でトップになった人しか3回戦、決勝までいけません

また優勝者総取りトーナメントのようなトーナメントでは、決勝に進んだとしてもそこでトップを取らないと1円も賞金が貰えません
つまりどういうことかというと、DORA麻雀のトーナメントは1位しか意味がないんです
1位勝利 2位大敗北 3位大敗北 4位大敗北

みなさんはこんな麻雀を今までに、打ったことはあるでしょうか?
自分はありませんでした。2位なら少しは+になり、3位は4位よりマイナスが少なくなるというのが普通のルールですよね?

その普通のルールで勝つために、今まで戦術書などが世に出てきて、我々はそれを勉強し、それが今の麻雀の基礎になっていると思われますが
はたして、その麻雀スキルはこのトップ取りトーナメントでも有効なのでしょうか?
答えはNOです。 DORA麻雀トーナメントでは、DORA麻雀トーナメントなりの打ち方、勝ち方があります。

手組、押し引きが普通の麻雀と全然違う!

DORA麻雀トーナメントは「赤がなく」「親連荘なし」「東風戦」です
異色ですよね。これに加え、「トップしか意味がない」 というルールまで加えられれば、
有効な手組は変わってきます

まず手組で優先すべきは「打点力」です
なんせトップを取らなければいけないのですから、1000点なんか上がっている場合ではないのです
東風戦で赤ナシのこの戦場で、満貫なんかをツモってしまえばトップ率が25%→70%くらいまで上がるのに(体感)、
タンピン1シャンテンからチーしてクイタンになんかするのは相当損だと思っています
局収支的には、クイタンも悪くないんですよ? ですが、そのアクションが得かどうかを決める際
このルールでは局収支で比較するのではなく、あくまでトップ率で比較するべきなんです

トップ率50% ラス率50%
トップ率30% 2着率30% 3着率30% ラス率10%
普通のルールなら後者が勝ち組ですが、このルールなら前者のほう圧倒的に稼げます

理想の展開は自分が東1~2局で満貫以上をアガリ、
残りの局を安手速攻でつぶしたり、他の人が安手を上がってくれたりしてトップという展開です

しかしながら、この麻雀は赤ナシです。
赤がないということは、リーチ+ドラが狙いずらく、満貫になりづらいわけです。
では、どうしたら高打点が作れるようになるでしょうか?

赤ナシで高打点を作るコツは「鳴いて高打点」を徹底的に目指すことです
鳴いて高打点といえば、活躍するのは「染め」と「トイトイ」です
赤ナシのトップ取り麻雀では本当によく活躍します
配牌を貰ったらとにかく唱えましょう
「ホンイツ」「トイトイ」「リーチ」・・・
「ホンイツ」「トイトイ」「リーチ」・・・

この麻雀では強引すぎる染め、強引すぎるトイトイでも構いません
なぜなら、自分が見え見えの仕掛けをしても「誰も降りないし絞らない」からです

このルールなら当然です。自分が絞る=ほかの人があがる=自分のトップ率ダウン
なのですから。
それなら鳴かれない、あがられないことに賭けて絞らずに自分の手をまっすぐ進めにいきますよね
そこを逆手に取り、ガンガン仕掛けていくのです

どんなに高くてもリーチ

まれにダマで満貫以上の手ができることがあります。東風戦で満貫を上がればほぼトップだから確実に上がりたい・・・という気持ちはわかりますがリーチしてください
なぜならリーチしてもみんな押してくるからです。リーチしても上がれるならリーチした方がいいんです
また万が一相手がオリてもいいんです。ツモ率があがりますから。ツモのほうが全体に点差をつけられるので、トップ取りには都合がいいんです
なのでどんなに高くてもリーチしましょう。

押せ!

押し引きは本当に単純です。大体押しです
テンパイなら全て押します。
1シャンテンでも、
親か、良形か、高打点
の条件のどれかを満たしていればあれば相手のリーチにゼンツです

このルールは赤ナシなのでリーチや仕掛けの平均打点が下がるので、押しやすくなりますし
仮に相手が高打点だったとしても相手のツモ和了=自分のトップ率大幅ダウン になってしまうので
ベタオリがかなり損になります

そのため後手を引いてもとにかくテンパイに向かい、
テンパったら何が来てもゼンツするのがこのルールの正しい打ち方になります

トーナメントで勝つための打ち方

まとめましょう。
まずトナメで勝つためには、高打点を作りに行くことが大事になってきます
10回に一回しか高打点が作れない人と、8回に1回高打点が作れる人ではトップ率が全然違ってきます

ただ、相手がテンパイしているのに、速度を落としていつまでも高打点を目指していては
逆に相手に高打点を上がられてしまいます。
そのため、相手が高打点テンパイしていそうなら、蹴るためにこちらも見切りをつけてスピード重視する必要が出てきます。

そして相手のアガリを潰すことが非常に大事なので、テンパイしたらゼンツ。1シャンテンでも結構押すことが大事です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました