押さえておきたいDORA麻雀のルール

DORA麻雀攻略

天鳳とじゃんたまはルールが同じなのでさほど戸惑いませんが、
DORA麻雀はちょこちょこルールが違うので、DORA麻雀を打つ人は一度確認しておくとよいと思います

途中流局について

天鳳&じゃんたま
4風連打無し 
9種あり

DORA麻雀
4風連打あり(北が抜かれなかった場合のみ)
9種無し

アガリ止め

天鳳&じゃんたま
オーラストップでアガリ止めあり

DORA麻雀
アガリ止め無し

トビ関連

天鳳&じゃんたま
持ち点0点ちょうどでも続行
1000点未満の場合はリーチがかけられない

DORA麻雀
0点ちょうどでも飛び
1000点未満でもリーチがかけられる

流し満貫

天鳳&じゃんたま
あり

DORA麻雀
無し

北ドラについて

天鳳&じゃんたま
北ドラを抜くと、残り山牌が減る(ハイテイが変わる)
北をアンコで使っても役にならない 

DORA麻雀
北を抜いても残り山牌は減らない
北をアンコで使うと、1ハン役

責任払いについて

天鳳&じゃんたま
役満確定牌を鳴かせた場合、責任払いの可能性が発生。役満をツモった場合、鳴かせたプレーヤーがツモ損分を全額支払い。他家からのロンあがりの場合は半額支払い

DORA麻雀
責任払いは一切なし

赤について

天鳳&じゃんたま
各種5に一枚ずつ赤が入っている

DORA麻雀
5pに2枚赤。5sに一枚赤が入っている

ラグについて

偽ラグはなく、さらに鳴き無しを押していたとしてもラグります

手出しツモ切りの判別について

出た牌の色で判別します。黄色ならツモ切り。青なら手出しです

ツモ切り

手出し
例外として、ツモ切りリーチの宣言牌のみ、なぜか青色で表示されます。なのでツモ切りリーチかどうかは判別しずらいので注意が必要です

コメント

タイトルとURLをコピーしました