4麻 ダマに対しての警戒

4人麻雀 上級編

4人麻雀は、ダマテンの出現頻度が低いため、基本的にそこまで警戒する必要はありません

ですが、ダマテンが出現しやすい局面というのもあり、
そういう時は、「ダマテンが入ってるかもしれない」と警戒することで、
ダマテン8000点に放銃するケースを格段に減らすことができます

では、ダマテンが入っていそうなケースを紹介していきます

相手のリーチに無筋を何枚も切っている

リーチに対しては基本的に勝負手でないと押せません。少なくともテンパイしていないと押すに見合わないことがほとんどです
まあそれでも安全牌が本当になくて泣く泣くノーテンから無筋を切ってくるケースはありますが、
ノーテンから、何種類も無筋を切ることはほとんどありません

つまり、何種類も無筋を切ってきている=勝負手をテンパイしている ということになります
しかも2000点や3900点テンパイなどであれば、相手の現物待ちでもダマテンにはせずリーチをかけるプレーヤーがほとんどです
ということは・・・打点十分のテンパイで、ダマ押ししている可能性が十分に出てきます

f:id:lazyandshortest:20200916091931j:plain
f:id:lazyandshortest:20200916091941j:plain

リーチに対し、何枚も無筋を切っています。

f:id:lazyandshortest:20200916092233j:plain

現張りダマハネマン・・・!

相手のリーチにノータイムで無筋を切っている

相手のリーチに対してノーテンや安手テンパイから押す際は、切る前に慎重になる人がほとんどですが、
明らかに危険な牌をノータイムで切っている人がいる。これは異常ですよね?


先ほど述べた、「何枚も無筋を切っている」のと同じくらい
ノータイムで切っている人も、「ダマテンが入ってるかも」と警戒します

ちなみにダマテンを入れている人が、なぜノータイムで無筋を切るかというと
「悩んで無筋を切ったら注目されちゃうから」「ノータイムで切れば、自分が無筋を切ったことをうっかり見落とすかもしれないから」
という下心によるものがほとんどです。(当社調べ)

f:id:lazyandshortest:20200916084622j:plain

親リーに対し、ノータイム7sプッシュ。

いくら親に上がられたら2着終了になってしまうオーラスとはいえ
ラス目の自分も鳴いて前に出ているので、テンパイでないのであればオリて他家に任せることのほうが多そうです
それなのに前に出ているということは、ダマテンが入っていると読めます

テンパイしていそうな、まあまあ高そうな仕掛けに対して、危険牌をノータイムで何枚も切っている

さきほどのリーチほどではないですが、打点ありそうな仕掛けに対してバンバン無筋を切っている人もダマテンが入っている可能性があります

ただ、リーチと違って「鳴きは高くない」という謎の自信からバシバシ押しているというプレーヤーも多いので
卓のレベルによって「ダマテンが入っている率」はかなり変動します

鳳凰卓であれば、対フーロであっても、甘い牌をテキトーに切るプレーヤーはそこまで多くないので、ダマテンが入ってるかもしれないと警戒したりします

テンパイしたらダマテンにしそうな点棒状況&3~7牌など必要な牌が切られている

オーラスでトップ目の人が、
字牌から切り出して、6巡目に7p、8巡目に赤5s みたいな切り方をしてきたら
「高打点かはわからないけど、ダマテン入ってるかも」と読みます

ダマテンにしそうな点棒状況かどうかは、配牌をもらう前にざっくり考えておきます
「南場で点棒持っている人」とか、
オーラスなんかはダマテンが入りがちですね

ダマテンに振り込んでも問題ない状況ならさして警戒する必要はないですが
2000点放銃したらラス落ちというオーラスで、
「自分が2シャンテンくらいで、アガリが遠そうなら、
ダマテンありそうな人の危険牌を切らないようにする」
だけでも、だいぶ事故を防ぎやすくなります

明らかに染めている人が、字牌→ちょっと悩んで染色の牌を切ってきた

メンホン、メンチンテンパイを警戒します
ちょっと悩んでというところがミソです
メンホン、メンチンテンパイは、待ちが複雑になるので、事前に考えていたとしても結構難しいものです

ただ、他の人のテンパイ気配に対してオリ始めた可能性もあるので、その後の手出しツモ切りを見て「本当にテンパイしているかどうかを確認します
染色以外をノータイムツモ切りしていればかなりテンパイの可能性が高くなりますし、
毎回手出しが入れば「ただオリているだけ」の可能性が上がります

13巡目以降   安全牌以外をノータイムツモ切り

13巡目以降は、ダマテン率がだいぶ上がります
リーチをかけると簡単にオリられてしまう&自分のツモ回数も少ない
ため、5200以上の手であればダマテンが得になることは多いです

なので、13巡目以降は
ダマテンを見破るために、切られた牌やテンポを見ておくといいでしょう
極端ですが、誰にも通ってないドラをノータイムでツモ切りしている人がいたら、かなりダマテンを警戒します

あとは、仕掛けている人(打点不明)の人に対して、終盤に危険牌を何枚も押している人も要注意です
基本的に終盤は、ノーテンから押しても自分のアガリ目はほとんどないので、危険牌を押すことは損なわけですが
それでもガンガン押している=怪しい  となるわけですね

f:id:lazyandshortest:20200915204431j:plain

(ダマテンが入っているのは自分ですが)

13巡目に仕掛けてもいない人が、いきなり全員に対して危険な4pをノータイムで切ってきた。
これは危険信号です。分かりやすくダマテンが入っていそうです

終わりに

以上で終わりです
まあただ、やっぱり避けられないダマテンというのは存在しますし
あんまり警戒しすぎて自分の手を作れないのはもっとマズいので、

リーチがかかった状況
高打点の仕掛けがいる状況
終盤
特殊点棒状況
になったら多少意識しておく  くらいでまずは打っていくといいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました